ジェルネイルのフィルイン(お直し)について知りたい!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

最近人気のジェルネイル!

やってもらったときは完璧なのに、だんだん日が経つにつれて、爪が伸びて根元の自爪が見えるようになります。

こうなったら、ちょっとお直しが必要になってきますよね。

「フィルイン」という爪の伸びた部分を埋めるお直しをネイルサロンに行ってやってもらいましょう。

1.どのくらいの間隔でやってもらえばいいの?

フィルインは、だいたいジェルネイルを施術してから2~3週間後が、一般的なタイミングです。

たぶん、そのころには根元の自爪が見えて来て、自分でも「そろそろネイルのお手入れをしないと」と思い始めるはずです。

これを怠っていると、せっかくのネイルの美しさが半減してしまうことになるので注意しましょう。

2.フェルイン以外の方法はあるの?

ネイルをお直しするのには、ほかにもジェルオフ溶液を使ってジェルをオフすることもあります。

これを「ソークオフ」と呼んでいます。

ただ、爪が薄い体質だったりジェルの持ちが悪い場合や、ネイルを続けて爪が薄くなってしまった場合、ある程度のネイルの長さが欲しい場合などはフェルインがおススメです。

フェルインのほうが爪への負担が軽いからです。

3.その施術方法とは?

では、具体的にどういう施術をするのかというと、最初にジェルを付ける時点ですでにフィルインに最適な準備をしておくのです。

フィルイン用のベースジェルというのがあり、それを使います。

そして、2~3週間後にネイルサロンに行ったときには、溶液オフはしません。

表面のみのデザインを専用のマシンで削って、ベースを一層残します。

これで、またその上にネイルを好きなカラーやデザインで施してもらいます。

まとめ

ネイルはこまめなお手入れをすることで、その美しさが保てます。

なので、こまめにお直しをすることも大事なのです。

できるだけ、爪に負担をかけないで美しいネイルを楽しむためにもフェイルインはうれしい方法です。

そのしくみがわかると、ネイルサロンに行ってもそのプロセスが理解しやすくなりますよね。

Comments

comments

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

LINK BEAUTY MAGAZINEをシェア♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

ネイリストさがすなら「LINK BEAUTY」

ネイリストマッチング,ネイリスト,ネイル

ピックアップ記事

  1. ショートカットの魅力
  2. 知らなかった!「もみあげ脱毛」で顔の印象が変わる?
  3. ネイルをするならやっぱりジェルネイル!その魅力とは?
  4. ひし形シルエット
ページ上部へ戻る