パンダ目にならない!マスカラを上手につける裏ワザ

パンダ目にならない!マスカラを上手につける裏ワザ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

目力を増すためにも、目をぱっちり見せるためにもマスカラはぜひ使いたいコスメアイテム。

でも、つけ方を失敗するとせっかくうまく出来上がっていたメイクが一気に台無しになることも・・・。

なので、今回はマスカラをうまくまつげにつける方法をご紹介します。

1.歯間ブラシを使う

「歯間ブラシ」なんてメイクとは無縁のものだと思ってはいませんか?

実はそうではないのです。

マスカラブラシってずっと使っていると、だんだん繊維がからまってマスカラが上手につけられなくなることってないですか?

そんなときのお助けアイテムがなんとあの「歯間ブラシ」!

実は、マスカラブラシと歯間ブラシの形はだいたい同じなのです。

さらに言うと歯間ブラシのほうがより細かくできています。

ですから、マスカラブラシの調子が悪くなってきたな・・・と感じたら、「歯間ブラシ」で調節しましょう。

ダマにならないってうれしいですよね。

2.視線を下向きにしてつける

マスカラをうまくつけるコツは「視線を下向きにしていつける」ということです。

鏡は斜め45度くらいの角度に置きましょう。

そして、その状態で視線を下向きにします。

すると、まつ毛の根元までよく見えます。

それによって、マスカラを上手に塗ることができるのです。

3.マスカラがまつげ以外の部分についたときは?

きれいにつけようとして頑張っていると、うっかりお肌の部分にマスカラがついてしまうことってありませんか?

ショックですよね。でも、大丈夫!

そういうときに活躍するのがおなじみの綿棒!

綿棒にリップクリームをつけて、マスカラが着いた部分をやさしく巻き取る感じで拭き取っていきましょう。

いざというとき、この方法で取れるとわかっていれば安心ですよね。

まとめ

マスカラを塗るのって意外と難しく、メイクをするうえでも緊張する一瞬でもあります。

でも、これらの裏ワザを知っていることでちょっと自信がつくはず。

失敗しても、綿棒でちゃちゃっと落とせば大丈夫なのです。

ぜひ、これらの裏ワザを活用して上手にマスカラを活用してくださいね。

Comments

comments

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

LINK BEAUTY MAGAZINEをシェア♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

ネイリストさがすなら「LINK BEAUTY」

ネイリストマッチング,ネイリスト,ネイル

ピックアップ記事

  1. 馬油
  2. 最近体臭が気になる!実は食生活が原因のことも?
  3. 爪まわりのささくれの原因は?治し方を教えて!
  4. pixta_9619194_XLアイキャッチ03
ページ上部へ戻る