中高年だけではない!若い女性に増加している若年性更年期障害

中高年だけではない!若い女性に増加している若年性更年期障害
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

更年期障害って言葉、ご存じの方も多いと思いますが、閉経期の女性が体調の不調を感じる状態を言います。

その症状は多岐にわたっていて、その原因が更年期障害であることに気づくこと自体難しいと言われているくらいです。

でも、実はこれは若い女性にも無縁の病気ではなく、いまキャリアウーマンを中心に「若年性更年期障害」という病気に罹る女性がひそかに増えているのです。

そこで、その症状や原因と対策についてご紹介します。

1.若年性更年期障害の症状とは?

若年性更年期障害の症状は、閉経期の女性に起こる症状と同じで「肩こり・疲れやすい・頭痛・のぼせ・ほてり・発汗・腹痛・腰痛・不眠・イライラ・動悸・息切れ・うつ状態・不安感・めまい」などです。

でも、これらの症状は更年期障害とは別の病気でも現れることが多く、原因が更年期障害なのかどうかがわかりにくいのが難しいところです。

2.その原因は?

では、若年性更年期障害は何が原因となって起こるのでしょうか?

基本的に原因は女性ホルモンのバランスの乱れです。

そして、それを引き起こしている原因と言われているのが「職場の冷房による身体の冷えや、無理なダイエット、喫煙」です。

さらに、睡眠時間や食事の時間などがしっかり取れないでいることも原因となります。

ストレスも大敵で人間関係や仕事のストレスも原因として挙げられます。

3.その対策とは?

まず、できるだけ規則正しい生活を送ることを心がけ、夏でも冷房がきついときにはカイロを身体に貼るなど自分なりの対策を取りましょう。

ダイエットも無理のない範囲で行いましょう。

最後に一番重要なのは、ストレスをためないこと。

自分に合ったストレス発散法を見つけると同時に、周囲からどう思われるかなど周りの目を気にしたり、人と自分を比べたりするのをやめましょう。

自分の生き方に自信をもって、周囲に振り回されないことが大事です。

まとめ

女性の身体はとてもデリケートにできています。

ちょっとしたストレスや、不規則な生活によって生理のサイクルも狂ってきたりするのです。

自分の身体や心をいたわってあげられるのは自分だけだと自覚して、できる範囲で体調を気遣っていきましょう。

Comments

comments

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

LINK BEAUTY MAGAZINEをシェア♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

ネイリストさがすなら「LINK BEAUTY」

ネイリストマッチング,ネイリスト,ネイル

ピックアップ記事

  1. スロージョギングの健康効果
  2. セルフネイルで爪にダメージを与えないためのコツ
  3. 一番おススメのシャンプーが「アミノ酸系シャンプー」ってホント?
  4. マジックカーラー
ページ上部へ戻る