女性の深刻な悩み!ニキビに悩んだら・・・。

にきび
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

脂性肌の女性の多くは思春期から20代半ばにかけて、ニキビ肌になりやすくなります。

これは、結構深刻な悩みでお化粧をしても隠せないし、美容上本当に困ってしまいます。

いろいろな方法で治そうとしてもなかなか治らない。

そんなときは、まず、基本的なことから見直してみましょう。

1.お肌に塗りたくらない!

もしかして、乳液とか美容液とかお肌に保湿成分を塗っていませんか?

ニキビができる人は脂性肌と言って、脂分が十分お肌の上にあるので必要ありません。

お肌にいいからと言って、保湿成分をお肌に塗るのは逆効果なのです。

これをやめることがまず大事です。

2.洗顔料を見直す!

洗顔料も「お肌の潤いを残す」タイプのものを使っていませんか?

ニキビ肌の人は潤いの元となる脂はすでにお肌にあるので、潤いは必要ないのです。

一番いいのは普通のせっけんです。

これを泡立てネットでしっかり泡立てて、一回に2度くらい洗顔しましょう。

お肌の脂分をなくすことが重要なのです。

3.ローションは拭き取り化粧水を使う

ローションも保湿成分が入ったものは必要ありません。

ニキビ肌の人に必要なローションは拭き取り化粧水です。

これのみでOK!

とにかくお肌の老廃物や脂分を取り除くことが重用なのです。

まとめ

いかがでしたか?

ニキビがあるのに、みんながやっているからと言って逆効果なお手入れをやってはいませんでしたか?

ニキビ肌の人に保湿成分は必要ありません。

もし、間違ったスキンケアをしていたらぜひ正しいスキンケアにシフトしてみてください。

でも、ニキビ肌の人はある程度の年齢になると自然と治るし、しかも将来しわの少ないお肌になる可能性が大です。

なので、あまり気にしないで基本的なことをしっかり守ってくださいね。

Comments

comments

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

LINK BEAUTY MAGAZINEをシェア♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

ネイリストさがすなら「LINK BEAUTY」

ネイリストマッチング,ネイリスト,ネイル

ピックアップ記事

  1. 整形は何となく怖い!自力で二重まぶたにする方法ってあるの?
  2. 自分の臭いのチェック方法!体臭が大丈夫なのか知りたい
  3. 「白内障」若くても発症するってホント?
  4. 甘皮処理
ページ上部へ戻る