実はコツがある!ヘアカラーの選び方
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

最近は、黒髪の魅力が見直されてきて、一時期ほどみんなヘアのカラーリングをしているわけではありません。

でも、やっぱりイメージチェンジのために、カラーリングをしたくなる人もまだまだ多いです。

カラーなんて、自分の好きな色を選べばいいと思っている人も多いかもしれませんが、実はそのカラーも合う合わないがちゃんとあるんです。

そこで、自分に合うヘアカラーの選び方をご紹介します。

1.瞳の色から選ぶ

意外なことに、ヘアカラーの色は自分の瞳の色を見て決めるのといいのだそうです。

同じ日本人でも瞳の色が暗い人と明るい人に分かれるのです。

そして、ヘアカラーもその瞳の明るさに合わせることが需要なのです。

瞳の色が明るい人は明るいヘアカラーを選び、瞳の色が暗い人は暗い色を選びます。

2.顔のタイプから選ぶ

顔のタイプからも、ヘアカラー選びができます。

一般に顔の印象がはっきりしていてシャープな人は、暗い色のヘアカラーが向いています。

そして、顔の印象がソフトで柔らかい人は明るい色のヘアカラーがおススメです。

3.肌の色から選ぶ

肌の色からもヘアカラーのタイプを決めることができます。

色白で顔が青っぽい雰囲気の人には暗めのヘアカラーが合います。

一方、暖色系の赤みをおびた顔色の人には明るい色のヘアカラーが似合います。

まとめ

いままで、ヘアカラーを自分の好みだけで選んでいませんでしたか?

自分ではその色が似合うと感じていても、もしかしたら、自分の魅力を半減させてしまうような選び方をしていたかもしれません。

ぜひ、自分の魅力をさらにアップできるようなヘアカラーを選んでくださいね。

Comments

comments

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

LINK BEAUTY MAGAZINEをシェア♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

ネイリストさがすなら「LINK BEAUTY」

ネイリストマッチング,ネイリスト,ネイル

ピックアップ記事

  1. 実はひそかに悩んでいる人が多い!「ワキの黒ずみ」
  2. 生理痛に悩んだら・・・。おススメの対処法!
  3. 間違っていませんか?ファンデーションの色選び
  4. オーガニックのヘアケアって効果あるの?
ページ上部へ戻る