肌のトラブルをカバーしてくれる強い味方!コンシーラーの正しい使い方

肌のトラブルをカバーしてくれる強い味方!コンシーラーの正しい使い方
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

シミやそばかす、目の下のクマ・・・。

なんとか隠せるものなら隠したいお肌のトラブルって多いですよね。

そんなとき、強い味方になってくれるのがコンシーラーです。

活用している人も多いかもしれませんね。

でも、実はコンシーラーの正しい使い方を知らない人も意外と多いのです。

なので、今回は正しいコンシーラーの使い方についてご紹介します。

1.目の下のクマを消す場合

目の下のクマはぜひ消したい部分ですが、実は目元は顔の中でももっとも皮膚が薄いのでコンシーラーも選び方が重要になってきます。

固形のコンシーラーは、お肌に負担がかかりやすいので伸びが良いリキッドタイプかクリームタイプのコンシーラーを選びましょう。

使い方としては、目の下のクマにコンシーラーを下の方向へ少量のせ、軽くたたきこむように指やスポンジでやさしくなじませるようにします。

刺激を与えないことを心がけてください。

2.シミ・ソバカスを消す場合

シミ・ソバカスは、結構隠すのが大変なことが多いです。

もし、濃いシミ・ソバカスの場合は固形のコンシーラーを使ってしっかり消しましょう。

ペンシルやスティックなどがカバー力があって、ピンポイントでカバーできるのでおススメです。

3.小鼻の周りのくすみを消す場合

小鼻の周りはあまり目立たないようで、実は赤みやくすみが出やすい部分です。

この小鼻の周りのトラブルは顔全体の雰囲気をダウンさせてしまうので、しっかりチェックして消しておきましょう。

小鼻の周りは皮脂が出やすくヨレやすいので、リキッドやクリームなどのゆるい質感のコンシーラーが適しています。

シミ・ソバカスだけではなく、こういう部分にも注意を払うことが重要です。

まとめ

コンシーラーは、年齢を重ねれば重ねるほど必要になってくるアイテムです。

そして実は、それをつける部分によってコンシーラーのタイプを変えることが大事なのです。

複数のコンシーラーを持つのはちょっと負担になるかもしれませんが、お肌をきれいに見せるためにはコンシーラーにはお金をかけたほうがいいかもしれません。

ぜひ、参考にして使ってみてください。

Comments

comments

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

LINK BEAUTY MAGAZINEをシェア♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

ネイリストさがすなら「LINK BEAUTY」

ネイリストマッチング,ネイリスト,ネイル

ピックアップ記事

  1. ネイルをするならやっぱりジェルネイル!その魅力とは?
  2. 帽子
  3. 爪を傷めたくない!ジェルネイルの上手なはずし方を教えて!
  4. アイキャッチ_2倍_3
ページ上部へ戻る