肌を露出する服を着るとき困る「背中ニキビ」!その解決法は?

肌を露出する服を着るとき困る「背中ニキビ」!その解決法は?
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

普段は隠すことができる背中ですが、夏などに露出する服を着たり、結婚式やパーティなどでドレスを着るときにはちょっと気になる部分です。

普段お手入れをしていない分、あわててしまう人も多いのではないでしょうか?

特に背中にニキビがある場合、恥ずかしくて出せなくなります。

この背中ニキビ、意外と多くの人が悩んでいます。

今回はその解決法を探ってみました。

1.バスタイムに背中をブラシでしっかり洗う

背中にニキビができるタイプの人の多くは脂性であることが多いです。

そういう人の場合、敏感肌の人とは異なり少々強くこすってもお肌に影響がないです。

むしろ、やさしく洗っているくらいではニキビは治りません。

柄の長いブラシを使って、毎回せっけんをつけてこすりましょう。

徐々にニキビが消えることが多いです。

2.トリートメントやコンディショナーを残さない

意外とみなさん気にしていないのが、髪の毛を洗ったときのトリートメント剤などの洗い残しです。

これを、身体に残したままにしている人が意外と多いのです。

バスタイムに髪の毛を洗った後、背中にトリートメントやコンディショナーを残さないように注意しましょう。

背中に脂分を残し、ニキビの原因になります。

3.シーツを清潔にする

シーツはどのくらいの頻度で替えていますか?

実は意外と思われるかもしれませんが、シーツなどを不潔にしているとそれも背中ニキビの原因になるのです。

シーツに皮脂がたまっていき、背中ニキビの原因になるマラセチア菌を増殖させてしまうのです。

シーツはこまめに替えましょう。

まとめ

背中ニキビって、気になっていてもどうしていいのかわからなかった人も多いと思います。

一番大事なのは、背中に皮脂を残さないこと。

せっけんをつけてブラシでゴシゴシ洗うくらいでちょうどいいのです。

ぜひ、背中を清潔に保って治していきましょう。

 

Comments

comments

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

LINK BEAUTY MAGAZINEをシェア♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

ネイリストさがすなら「LINK BEAUTY」

ネイリストマッチング,ネイリスト,ネイル

ピックアップ記事

  1. 夏は思いっきり「夏色ネイル」を楽しみたい!
  2. ショートカットの魅力
  3. ヘアカラーをした後にやってはいけないNG3つ!
  4. コテが苦手な人にオススメ!ホットカーラーは意外なお助けアイテム
ページ上部へ戻る