自分の魅力をちょっとアップさせるアイシャドウの塗り方【下まぶた編】

アイシャドウ_魅力アップ_3
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

アイシャドウは上まぶただけではななく、下まぶたメイクもプラスするとさらに素敵になります。

目元の印象を強めたいときは、下まぶたにもアイシャドウを塗ると良いのです。

最初はちょっと難しく感じるかもしれませんが、そんなに難しくはないのでぜひ試してみてください。

これをやるとやらないとでは、印象が変わってきますよ。

1.締め色を下まぶたの際の目尻から黒目の外側あたりの部分にまで入れる

最初に締め色を細いチップに取り、下まぶたの際の目尻から黒目の外側あたりまで丁寧に塗っていきます。

注意点は、目尻側が太く、目の中央が細くなるように入れていくこと。

この点を守れば大丈夫ですよ。

2.目頭の下にハイライトカラーを塗る

目頭の下にハイライトカラーを塗っていきます。

要するに、目元にレフ板を仕込むという感じですね。

ハイライトカラーをブラシに取り、下まぶたの目頭から目の真ん中あたりに塗っていきます。

これによって、クマやくすみも目立たなくなり目元が明るくなります。

3.さらに目元を強い感じにしたい場合は?

もっと目元の印象を強くしたい場合は下まぶたに締め色を塗るとき、目尻から目頭までライン状に入れましょう。

つまり、目頭のハイライトカラーを塗らないでおくのです。

これによって目元が強くなり大人っぽくなります。

4.アイメイク全体でのその他のコツ

さらにアイメイク全体での注意点をご紹介します。

ゴールドやラメ、パールの効いた色を使う場合はブラシではなく指で広げましょう。

中指の先にアイシャドウを取って、まぶたの中央にのせ小刻みに左右にのせていきます。

まぶた全体に広げないで中央部分だけに塗るのがコツです。

さらに、奥二重や一重まぶたの人は、中間色を省略して締め色を広めにしてのせましょう。

そうすると、とても効果的にアイメイクができます。

まとめ

下まぶたまでのアイメイクはなかなか手が回らないという人も多いかもしれませんね。

でも、目元をきれいに見せるためには効果的なメイクです。

ぜひ、この機会に試してみてください。

Comments

comments

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

LINK BEAUTY MAGAZINEをシェア♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

ネイリストさがすなら「LINK BEAUTY」

ネイリストマッチング,ネイリスト,ネイル

ピックアップ記事

  1. いまさらだけど・・・ジェルネイルについてくわしく知りたい!
  2. ピックアップ画像_チーク2
  3. たまにはロングネイルを楽しみたい!そんなときはスカルプチュアで♪
  4. これを食べればきれいになれる!意外な美容食材「酒かす」
ページ上部へ戻る