自分の魅力をちょっとアップさせるアイシャドウの塗り方【基本編】

アイシャドウ_魅力アップ_1
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

アイシャドウの塗り方には個人個人で好みがあると思いますが、今回は基本的な塗り方をご紹介したいと思います。

意外とアイシャドウの塗り方に戸惑っている人も多いので、よかったら参考にしてくださいね。

アイシャドウのパレットって、いくつかの色が一緒に入っていますが、それらをどう使っていくのかを中心にお話します。

1 最初に一番明るい色をまぶたに広げる

まぶたのくすみをなくすために、最初にアイシャドウのパレットの中で一番明るい色をまぶた全体に広げます。

一番明るい色のアイシャドウブラシに取って、眉下からまぶたの上部分に広く塗ります。

最初に多くついてしまわないように、最初にアイシャドウをブラシにつけたら手の甲でなじませてから使いましょう。

2.2番目に薄い色を塗っていく

次に2番目に薄めの色を目の際からアイホールまでぼかします。

最初にブラシを置いたところが濃くなるので、まず目の際にブラシを置いてそこから左右に動かしつつ上に塗って広げていきます。

塗る範囲は、目を開けたときに二重の上に少しシャドウの色が見えるくらいが適切です。

3 最後に締め色をチップでのせて目元を引き締める

最後に一番濃い色をチップの先に取り、目の際から二重の幅くらいまでチップを左右に動かして広げていきます。

目の際の目尻側から塗り始めると、目尻側が濃くなり目が横に広がって見えます。

締め色は、ブラシより濃く発色してくれるチップを使うのがおすすめ。

コツは一気に塗ろうとしないで、少しずつ色を重ねて濃くしていくことです。

まとめ

今回は基本的なアイシャドウの塗り方をご紹介してみました。

ご存じの人も多かったと思いますが、おさらいの意味でももう一度自分のアイシャドウの塗り方をチェックしてみてくださいね。

アイメイクはメイクの中でも一番の重要ポイント!

ぜひ、素敵にメイクして魅力的な目元にしてください。

Comments

comments

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

LINK BEAUTY MAGAZINEをシェア♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

ネイリストさがすなら「LINK BEAUTY」

ネイリストマッチング,ネイリスト,ネイル

ピックアップ記事

  1. インフルエンザ予防に効果的!紅茶でするうがい
  2. CCクリームの正しい使い方とは?
  3. パンダ目にならない!マスカラを上手につける裏ワザ
  4. アロマオイルでいろいろな症状を緩和できる!虫除けにも♪
ページ上部へ戻る