若くても「白内障」になるってホント?その手術後にレーシックを受けることも可能?

若くても「白内障」になるってホント?その手術後にレーシックを受けることも可能?
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

視力が低下してきた人にとっては、視力アップは夢のようなお話ですよね。

ところで、最近若い人の間でも「白内障」になる人がいます。

でも、いくら安全といわれる白内障の手術であっても、やっぱりリスクも気になりますよね。

あと、レーシック手術にも興味がある場合、その両方を受けることは可能なのでしょうか?

1.白内障の手術を受けるタイミング

手術を受けるとき一番悩むのは、どのタイミングで受けるかということです。

差し迫った状態でない場合、できるだけ先延ばししたくなりますよね。

でも、ドクターから手術を進められた場合、ある程度進行している場合が多いので、そのままにしておくとぶどう膜炎など、他の目の病気を併発することがあります。

そういう場合は、手術に踏み切ったほうがいいかもしれません。

2.手術のリスクは?

白内障はリスクの面ではほかの手術に比べてかなり低いといえます。

そういう意味では、安心感のある手術です。

とはいえ、リスクはまったくないとは言えません。

かなり稀なケースとしては「水晶体の裏側にある後嚢と呼ばれる膜」が破れてしまうケースもあります。

でも、基本的にはリスクはかなり低い手術と考えていいでしょう。

3.白内障の手術後、レーシック手術も受けられる?

強い乱視や近視がある人は、白内障の手術だけでは不十分な場合があります。

そういうときには、白内障の手術後であっても、レーシックで視力の再矯正をすることも可能です。

まとめ

目の手術ってなんとなく不安ですよね。

でも、白内障の手術は比較的安全と言われています。

さらに、術後、この手術を受けてよかったという人が圧倒的に多いのも事実です。

もし、ドクターに白内障の手術を勧められたら前向きに考えてみることも大事かもしれません。

Comments

comments

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

LINK BEAUTY MAGAZINEをシェア♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

ネイリストさがすなら「LINK BEAUTY」

ネイリストマッチング,ネイリスト,ネイル

ピックアップ記事

  1. 春になったら始めたい!フットネイルの魅力とは?
  2. 気になる進化系ジェルネイル!「ネイルパフェジェル」の特徴とは?
  3. たまにはロングネイルを楽しみたい!そんなときはスカルプチュアで♪
  4. ひし形シルエット
ページ上部へ戻る