間違っていませんか?ファンデーションの色選び

間違っていませんか?ファンデーションの色選び
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

ファンデーションの色選びって難しいですよね。

ファンデーション自体の色と、実際に自分の肌に塗った時の色はまったく変わってしまうこともあります。

ほかにも「こんな肌色になりたい」と思って好きな色を選ぶと、変に浮いた感じになってしまうことも・・・。

そこで、ファンデーションの色選びを失敗しないために知っておくべきことをご紹介します。

1.自分に合う色とは?

たとえば自分に合うファンデーションの色をチェックするときに、手の甲で試したりしていませんか?

でも、これはNGなのです。

実は、顔と手の甲では肌の色が異なっているんですね。

なので手の甲を参考にして決めると間違ったチョイスをすることになります。

色を調べるときは「耳の下からアゴにかけてのフェイスライン」ここを参考にして調べます。

首とフェイスラインの間に違和感がなければその色がおススメです。

2.肌別のおすすめカラーとは?

ではお肌の色別に似合うファンデーションの色選びのコツとはどういうものなのでしょうか?

●色白の人には

色が白いからと系統が近いピンク系を選んでしまうと、実はだんだんファンデーションの色が浮き出た感じになりやすいのが色白の人のお肌です。

おススメは薄いベージュ!この色を選ぶと白浮きすることなく一日過ごせます。

●やや色が黒い人には

自分の肌色に合わせたオークルだけを塗ると、時間の経過によりくすみが目立ってきます。

なので、オークル一色だけではなくオークルを薄くつけた後、ピンクを上に重ね塗りすることによって一日元気なお肌でいられます。

●黄色味が強い人には

黄色味が強いからオークルを選びがちなのですが、実はおススメカラーはピンクです。

逆にピンクが黄色めなお肌を健康的な肌色に見せてくれます。

なのでピンク系のファンデーションを選びましょう。

●中間色の肌色の人には

ほぼナチュラルカラーを使うと間違いがない肌色ですが、時間が経つにつれてお肌の皮脂により肌色が濃くなってくることがあります。

そこで、お化粧直しに使うファンデーションの色は、ピンクあるいは薄いベージュ色を選びましょう。

これで、明るい肌色が一日保てます。

まとめ

いかがでしたか?

意外な結果に驚いた人もいるのではないでしょうか?

自分の肌色に近い色が必ずしも、自分の肌色をきれいに見せてくれるわけではないのです。

ぜひ、参考にしてファンデーションの色選びをしてみてくださいね。

Comments

comments

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

LINK BEAUTY MAGAZINEをシェア♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

ネイリストさがすなら「LINK BEAUTY」

ネイリストマッチング,ネイリスト,ネイル

ピックアップ記事

  1. オーガニックのヘアケアって効果あるの?
  2. 実はひそかに急増中!PMS(月経前症候群)に悩む女性
  3. 爪トラブルに悩むあなたに!健康な爪を保つ秘訣とは?
  4. 「耳ニキビ」ってあるの?実は耳にそれらしいものがあるのです!
ページ上部へ戻る